スポンサーリンク


台湾、高雄ストリートダンスバトル参加!

ダンスバトルに出てきました!

沢山の台湾人の中に僕ひとり日本人でしたが、とても暖かく受け入れてくれました☆

free style battle動画

Kaohsiungにある『Tribal Crew』というダンススタジオでのイベントでした!
オーナー様と話す機会が多くあり、

僕が掲げております

『日本と海外ダンサーを繋ぐ活動』に協力いただけることになりました☆


house style battle動画

ハウスバトルはbest16!負けたーー☆
ちょー楽しかったです^^!!!!!

freestyleバトルとhouseバトルそれからダンスショーケースがありました。
このイベントではhouseオンリーで、freestyleバトルでもハウスミュージックのみが流されていました。
日本ではfree styleバトルと言えばオールジャンルの曲を使用するため、どうしても不得意な音の上で競い合うことになってしまいます。

そのため、
ここ高雄でのハウスミュージック限定でのfreestyleバトルは僕にとっては珍しく感じ、house dancer目線ではとても嬉しいものです。
ハウスミュージックが好き、ハウスダンスがとても浸透していると言えます。

文化の違いに驚いております。

昔、オーストラリアのアデレードを訪れた際に、僕しかハウスダンサーがいない状態でストリートダンスバトルのエントリーをさせていただいたことがあったのですが、その時のオーガナイザーさんが、僕が参加すると知って急遽、4つ打ち限定のバトルをセッティングしてくれたことがありました。

僕みたいな外国人ダンサーが飛び入りで参加して、そんな温かい対応、おもてなしを受けたことが嬉しく、

オーガナイザーの彼女はkrumpダンサーだったのですが、どうしてハウスダンサーの気持ちがわかるのだろうかととにかく驚き感動しました。

このように、海外ではハウスミュージック(4つ打ちのみの)のfree stlyeバトルがあるというのは日本と異なる部分だと感じております。

今回のバトルはとても有意義なものとなりました。

顔を覚えてもらえたら嬉しいです

いま、
高雄(Kaoshiong)で活動している日本人のダンサーはもしかしたら僕1人かもしれません。
見かけることはありませんし、
沢山の台湾人ダンサーと関わらせていただいておりますが日本人ダンサーの話を聞くことはありません。
これに関してとても意外に感じます。
台湾は近いですし、台湾は観光地として日本ととても身近だからです。台北だけで地方にはあまり遊びにこないのでしょうか。

ダンサーを抜きにしても街であまり日本人に出会いません。
対して、台湾のダンサーは日本へと旅行に良く出かけてくれています。
とても嬉しいですね。
台湾人が日本でダンスをしやすい環境を作っていきたいです。

僕のInstagramはこちら

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ストリートダンスへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ
にほんブログ村

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする