【国立高雄師範大学☆語文教学中心】に来学期も通うことにしました!

高雄師範大学付属の中国語学校(語文教学中心)を来学期も続けることにしました

この学校に大変満足しているのですが気分転換の為、他の候補も考えておりました。

台湾の違う中国語学校、
中国大陸の学校、
マレーシアの中国語学校、
ネパールの中国語学校

中国の学校は台湾よりも学費と生活費が安いのが魅力的です

マレーシアは僕が移住してみたい国であり、マレーチャイニーズの方々がおりますし、英語が公用語なのが魅力的です

ネパールは中国語学習に適した場所ではないのですが、個人的に大好きな国であり、学校を紹介していただける友達がいること、そしてダンス活動と僕の興味のあるツアー、ゲストハウスの仕事関係でも再び訪れたいと思っている国です

色々と候補がありましたが

今は環境を変えず勉強に集中した方が自分の為だという考えに変わりました
(webの勉強とダンス活動もまた然り)

今現在は全ての環境が良く15分以内に

・学校の寮
・レストラン
・コンビニ
・雑貨屋
・洋服屋
・ダンス練習場所
・駅

など僕が必要なものが全て揃っているので、あまり動き回らず時間を大切にしようと思います

また、先生とグループクラスという学習環境が自分に合っていると感じております。

みんなに追いつかなくちゃいけない焦りで怠け者の僕が家で勉強するようになりました。

学校の先生について

高雄師範大学の中国語学校に
長く通っている日本人の学生さんと仲良くさせて頂いているのですが

彼女がおっしゃるには下の方の初級や基礎のクラスは先生が整っているのですが
上級になると教えることのできる先生の数が少なく、自分と合わなくてもクラスと先生を変えることができないという事でした

彼女は前回と今回の学期で先生が自分と合わないということで
来学期からは文藻外語大学の中国語学校に通う決断をしています

今僕は一番下です
上を見上げて登るしかありません

とても心配なのは
来学期に初級クラスから上にあがれるかどうかです。

多言語学習に挑戦して気付いたこと

実はこの生活で英語の能力も上がっている感覚があります(ボキャブラリーは増えておりませんが主にリスニングです)
単純に中国語がまだわからないので英語を使う機会が非常に多いのです。
台湾人の友達にコミュニケーションは英語ですし、ルームメイトは英語学科に通う台湾人学生。

台湾のゲストハウスで働いて英語でお客様と関わっていた時期もありました

そして

注目は学校です
初級は初めの1ヶ月程度は英語で中国語を習い始めます。

中国語の教科書、説明が全て英語なのです

そのため

多言語学習を始めた途端

僕の頭の中が、英語は分かっているという事が前提になったのです

英語が話せて当たり前という頭に。

この発見はとても自分としては面白く

新鮮できっと忘れてしまう感覚なので書き留めておきました。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村


アジアランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする