入学金、学費を支払いました。台湾の私立大学に入学。正規留学
スポンサーリンク

どうも、20代後半で台湾高雄にある大学に本科生として後期入学した管理人です。

学費が安い


1学期(半年間)
23,415台湾ドル (約8万4千円)
含まれているのは学費、雑費、インターネット使用料、保険です。

2学期の値段は事務の人の言っている事が聞く人によって異なっていた為、正確にわかり次第書きます。

1年次は留学生は割引されるので、
2年次からの学費はこの倍くらいの値段になる様です。

スポンサーリンク

台湾の大学に入学するのは簡単なのか

僕は応用日本語学科なのですが、この学科に関しては簡単です。

なにせ僕が大学に提出したのは悲惨な高校の成績表と、HSK3級とトイック300点台の成績です。

入学試験はありません。

下の写真が僕の高校の成績です↓w これを見て安心してください。

又は、こんなレベル低い奴が行くところに行くわけにはいかないと思って、進路変更しましょう。

僕の工業高校時代の成績、2と3が大半で1も何個かありますね。

当時授業中はひたすら寝ていて、遅刻と欠席が非常に多かったです。
毎日毎日バイトして夜はクラブに行って遊んでいました。

今回、HSKとToeicの成績を提出しましたがこれ出さなくても受かってたと思います。

因みに高雄師範大学の英語学科の留学生募集要項を見たことありますが、TOCFL(台湾華語検定)の点数を求められていた記憶はあります。(※現在通っている大学は高雄師範大学ではありません)

スポンサーリンク

台湾の大学の教授と知り合いだった?

僕は2017年の12月から半年間、高雄師範大学の語学学校に語学留学をしていました(今の大学は別の場所です)。

その頃に、今通っている大学の教授と知り合いました。
きっかけは僕の友達(日本人)が紹介してくれたことです。

僕は入学するまで大学に見学すら行ったことがありませんでしたが、その友達は大学へ短期間中国語の勉強に来ていたことがあった為、
友達と教授からなんとなく学校の様子を聞いていました。(大学に日本人が1人もいない。田舎。工場が近くて空気が超汚い。ということくらい)

学校決めるとき留学エージェントを使わなかったのでわからないことだらけでした。
出願する時も、情報が少なすぎて不安で、学校のホームページ見ても中国語全くわからなくて手探りでした。

初授業

初授業に出席しました。
月曜日のクラスは日本語と中国語でした。

日本語クラスは50人僕以外は台湾人。

中国語を学ぶクラスは20人くらいで僕以外はインドネシア人でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事