台湾の高雄にある大学に到着したので、様子とこれからの事
スポンサーリンク

どうも、高雄のとある大学に後期入学して本科生になるつもりの管理人です。

2月13日にとりあえず着きました。


空港にある銀行で持ってきた全部の日本円を台湾元に両替しました。

遠慮していたのですが教授が空港まで迎えにきてくれて学校まで送ってくれました。
助かりますね。

とりあえず困ったことが。。。。寮にwifiがありませんでした。
wifiあるって聞いていたんですが、
有線lanでしたw 僕のノートパソコンでは使えません。今はルームメイトのwifi使わせてもらっています。

ルームメイトは台湾人で僕を含めて3人一緒の部屋です。


写真で伝わりにくいですが結構広いです。

門限があります。深夜0時~朝6時まで外に出られません。(台湾と中国の大学の寮はほとんど門限があるとさっきオンラインの中国語の先生が言っていました)
これ嫌ですね。
高雄師範大学の語学学校に通っていた頃の寮は門限なかったのでそれと比べると不便を感じますね。

近所のアパートに移ろうか少し考え中です。


周りが田畑な田舎。地平線が見えます。w

スポンサーリンク

日用品買い出し

近所のスーパーとかで日用品を買いました。
安いお店とか知らないのでこんな感じです。

  • ハンガー 10コ入り30台湾ドル(約100円)
  • 歯磨き粉  65台湾ドル(約230円)
  • シャンプー 1000ml.100台湾ドル(約350円)
  • スリッパ 190台湾ドル(700円)
  • ティッシュ 10箱100台湾ドル(約350円)
  • 洗剤  4000g 100台湾ドル(350円)
  • 延長コード 300台湾ドル(約1000円)

スポンサーリンク

渡航前と渡航後の感情と生活の変化

かなり意識低い系です。
台湾に正規留学をすると決めてから特にワクワクもなく、不安はありましたが、
まあダメだったらダメでいいや。とりあえずやってみてダメなら次考えよう。みたいな感じです。
台湾に到着してからも感情の変化があんまりないです。

フィリピン、マレーシアとかを中心に大好きな東南アジアだったらかなりテンション上がっていたかもしれません。

日本にいる時はバイトが深夜で昼間寝ていたし食事もかなり不規則でしたが、
今は台湾人のルームメイトが朝昼晩に「ご飯食べ行くよって」バイクで連れ出してくれるのでちゃんと規則正しく食べていますね。w

これからの生活

この学校には大学生が留学生含めて7000人います。
日本人は僕1人です

先ほどの写真のようにど田舎にいます。
僕の学校選びのポイントは日本人がいない事です。

この環境は自分の希少価値を高めてくれると考えています。必要としてもらえる可能性が高くなるかもしれないという事ですね。
まず考えられるのは相互学習です。
お金も足りないので日本語を教えるバイトがしたいですね。
直接かオンラインで。。。
と考えていたのですが実はもう1つだけ決まりました週一回1時間日本語勉強してる学生さん達と交流をして時給と昼食がいただけます。

・ひたすら引きこもる予定です。大学構内からあまり出たくないです。
食べるのも寝るのも勉強も学校の構内。

・オンラインレッスンを増やします。今中国語は1時間しか受けていないのでとりあえず倍にしてみます。

・ソロでダンスの出演依頼が来ました。w 
とりあえずokしました。

明日、学費を支払います。実はいくらかわかっていません。w
授業は来週からかな?

スポンサーリンク
おすすめの記事