台湾大気汚染PM2.5健康被害。原因や対策、対応。高雄台南の状況
スポンサーリンク

こんにちは、台湾の高雄に留学経験のある管理人です。

今日のテーマは大気汚染です。

台湾に初めて旅行や留学に行く人に伝えておきたいことの一つです。

ちゃんと対策をして気をつけていただきたいなと。
短期旅行者は特にせっかく楽しみにきた台湾で体調を壊して欲しくないですし、
長期滞在や移住を考えている人の中にもこれが原因で諦めた人もいるのではないでしょうか。

高雄、台南の大気汚染がひどい

下記のサイトを見てもらうとわかると思います。

僕も今見てみましたが、高雄→台南→台北の順に空気が悪い状況にあります。

僕が台湾の高雄に初めてきた頃、すぐに喉が痛くなっていました。

生活に慣れてくると喉が痛くなることは少なくなりますが、、、そんなことに慣れたくないですね。
とにかくマスクが必需品です。

冬11月〜3月この時期が酷くなるのですが、
その時期は空がどんよりしていて日が射さない程です。高雄ではそんな日が多かったです。

僕は呼吸器が弱く、東南アジアに行くと常に喉が痛い状態です。数年前に咳喘息にもなっています。日本でも特定の場所に行くと鼻水やくしゃみが出ます。空気にアレルギーを持っています。

空気が悪いと僕のように喘息や気管支炎になったり最悪肺癌になりますので、対策が必要です。健康第一です。

ちなみにマスクはN95規格の物がいいです。

スポンサーリンク

大気汚染の原因は工場

 

台湾はバイクが多いし、大気汚染が中国から飛来してきているという話もありますが、
調べて行くと一番の原因は工場らしいです。
高雄、台中は工場が多いのでそれが原因になっています。

台湾の電気は火力発電が主な為です。

日本から友達が遊びに来てくれる際にはいつも真っ先に喉の心配をして、空港ついたらすぐマスクしてねって伝えます。せっかくの旅行で体調崩したら可哀想です。

台湾人のバイクの保有率は高く、1人1台持っているようです。バイクを使わないように、僕が滞在していた高雄では大気汚染対策のため、冬のシーズン、バスとMRTが乗車無料になっていました。(朝、夕のラッシュの時間)

スポンサーリンク

対策と体調管理

 

大気汚染で体を壊してしまい体が弱ってしまうと、ウイルスに感染しやすくなるため、風邪にも注意が必要です。

・外に出ない。
・バイクや人混みを避ける。
・マスクをする。
・のど飴を舐める(喉の痛みと乾燥を抑える)
・空気洗浄機
・バランスの取れた食事をする(タンパク質と食物繊維で免疫力を高めましょう)
・ストレスを溜めない(過度な疲れは免疫力を低下させるので注意)

と、頭ではわかっていても良く体壊すんですよね海外だと。日本では体調崩さないんですけど。僕は海外が体に合ってないんです。

過去に台北で5日くらい入院したことや、インドで点滴打ってもらったこと、そしてフィリピンではしょっちゅう病院行ってました涙。

洗濯物

台湾では洗濯物は外に干さないで部屋干しの人も多いです。
僕はいつも乾燥機を使用しているので問題ないです。対策は乾燥機かな。

ちなみに街中のコインランドリーの値段です。
洗濯機の大きさで違うんですが、
小型30分間で60台湾ドル(約200円)
中型30分間で90台湾ドル(約300円)
大型30分間で120台湾ドル(約400円)
乾燥機30分間で50台湾ドル(約170円)

学校の寮にある洗濯機と乾燥機はとても安くて
20台湾ドル(約70円)で使えました。

 

台湾中国語のオンラインスクール

無料体験レッスンあり(30分)×1
入会金不要
1レッスン490円

インターネット上でSkypeを使用して中国語が学べるスクールです!
子供から大人まで安心してご受講いただけます☆

 

スポンサーリンク
おすすめの記事