台湾【居留ビザ】自分で取得/正規留学本科生/必要書類
スポンサーリンク

 

台湾の高雄にある大学に入学します。

その為、滞在に必要になる「居留ビザ」を日本の東京にある【台北駐日経済文化代表処】で発行してもらいました。

東京の他には、横浜、大阪、那覇、福岡、札幌にもあるみたいです。

手順、まずは

台北駐日経済文化代表処のwebサイト上で

申請書の記入をしてプリントアウトします。

その際に僕が悩んだ項目があったのですが、

申請年月日→ビザ申請に行く日。

入国日と帰国日→入国に関しては飛行機チケット買ってあったけど、帰りは買ってないから半年後くらいの適当な日付けを入力。

電話で確認しましたが申請年月日に記入した日に行けなくなってずれてしまったとしても大丈夫。そして台湾出国日の入力適当で大丈夫でした。

スポンサーリンク

必要書類、持ち物

申請書(web上で記入して印刷したもの)

パスポートとそのコピー(残存期間6ヶ月以上のもの)

証明写真2枚(6ヶ月以内のもの3.5cm x4.5cm)

大学の合格証明(入学許可書)

健康診断書(検査から3ヶ月以内のもの。ホームページから記入用紙を印刷して使用)

最高学歴の卒業証明書、成績証明書(僕は英語のものを提出)

貯金残高証明書(僕は英語のものを提出)

※2018年の終わり辺りからこの(卒業証明書、成績証明書、貯金残高証明書)の提出が必要になったと受付の人が言っていました。

 

東京の台北駐日経済文化代表処は評判が良くない。スタッフの対応に関する不満がネット上に沢山あった。実際に3回の電話と、実際に訪れた感想としては皆んなの言うことは理解できる場面もあったが(言葉使いや態度)僕にとっては気にするほどではなかった。

 

スポンサーリンク

台北駐日経済文化代表処に行く

目黒駅から徒歩で行きましたが15分くらいでした。

入り口↑ 受付↓

開館時間は月曜から金曜日まで(祝日を除く)

午前9:00~11:30    午後13:00~17:00

領収書↑ 6900円でビザが取れます。申請日から翌日には発行されるそうですが、

僕は即日発行してもらって+3500円。

合計10400円でした。

パスポートに貼り付けられたビザ↑

※居留ビザで台湾に入国後15日以内に移民局に行かなくてはなりません。

実際に現地の移民局に行ったらその様子も書くと思います。

 

今回、結構面倒くさかったですね。群馬から東京行くの。難しくはないしわからないことは日本語で電話で聞けるんですが、留学エージェント使ってもいいかもしれませんね。いくらするかわかりませんが。

スポンサーリンク
おすすめの記事