「タンザニアでスポーツダンス教育」アフリカの国際協力に僕もお伴します
スポンサーリンク

管理人
台湾高雄の大学で学部生(正規留学)をしているKAZUKIです。

夏休みに入り急遽、
7月22日から8月23日までの1ヶ月間、
スポーツデザイナーの、けんじお兄さんと一緒に
アフリカのタンザニアに行くことになりました!

タンザニアに何しに行くの?

僕は、恐れ多いですが
賢二さんのサポート役でお伴します。

賢二さんは
「教育×ダンス×スポーツ」これらを高度に混ぜたスポーツダンスを、
アフリカのタンザニアの子供達に指導したい!
スポーツ教育に貢献したいという熱い思いがあります!

その為、
先日クラウドファンディングを行ったのですが

結果は、目標金額を見事達成!

賢二さんは
2019年7月22日より日本を出発します。

スポンサーリンク

「けんじお兄さん」はどんな人?

賢二さんは
岐阜県の高校で体育教師を約18年間されていた方です。

退職後は、1年間の自己啓発制度を利用し、
世界一周をしながらスポーツ指導を行いました。

その時に感じたことが、
タンザニアの子供達は身体能力が極めて高いこと、
しかし、スポーツの基礎を学ぶ環境がないということ。

この子達は、基礎を学んだらとんでもなく凄い選手になる!

そう感じたそうです。

それから
子供達はダンスが大好き!

日本へ帰国後、
憲二さん自身が長年体育教師をしてきた経験と指導、
昔から続けているストリートダンス、これらを組み合わせて
どうにか大好きなタンザニアの人々に貢献できないか。

このように考え、

考え抜いた末、
憲二さんが開発したスタイルが、
「野球×ダンス」 「バスケ×ダンス」を
というスポーツ指導だったそうです!

憲二さんのクラウドファンディングのページは
こちら↓↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/162436

それから、
賢二さんはブログを2つ運営しております!
興味のある方はこちらもクリックしてみてください
↓↓↓

けんにぃブログ

教育ドットjp

スポンサーリンク

僕は正直とても不安です

アフリカのタンザニアへ僕もお伴することに対して、
正直、不安とプレッシャーはあります。
賢二さんは社会的地位があり立派な方です。
僕は底辺落ちこぼれです。

サポート役で付いていく事にはなっていますが、

正直、
僕に出来ることなんてほとんどありません。

どう動いたらいいかのか。。

現地での生活も、犯罪に巻き込まれたり、
病気にかかるリスクもあります。

20代前半にあった無鉄砲さも
次第に、気持ち的にはビビるようになっており、
保守的になっています。

ワクワクよりも不安の方が優っています。

とは言え、事は動き出してしまいました。
出来ることはやってくるつもりです。
現地での活動内容は基本的には僕の得意分野です。
自分らしく生きてこようとは思っています。

この話の経緯

2ヶ月前、僕が台湾にいる時
インスタグラムにとある方からダイレクトメッセージが入りました。

その方は岐阜県在住
シェアハウス Liberty Hillsのオーナー
慎太郎さんでした!

その方は僕のインスタグラムやブログを見てくれたようで、
僕の生き方に興味を持ってくれ連絡をくれたようです。

その方が是非紹介したい友人がいるということで、
友人の真崎賢二さんの連絡先をいただき
賢二さんに連絡をしてみました。

それが憲二さんと連絡を取り合うきっかけとなりました。

同時に慎太郎さんが岐阜のうちのシェアハウスにこれませんか?
というメッセージに即答で行きます!
と答え、

台湾から日本への帰りがけに
岐阜県に行き、お二人に会うことが決まりました。

おわりに

岐阜の慎太郎さんのシェアハウスに行った話や、
慎太郎さんと憲二さんと話したことなども今度書いてみます。

ちなみに僕は今、
成田空港にいます。

成田→韓国→エチオピア→タンザニア

という乗り換えでアフリカのタンザニアへ向かいます。
前にカナダに行った時、あまりの長距離移動に死にそうに疲れて、
数日間時差ボケに苦しみ、ふらふら。

二度と長距離移動はしたくないと思っていたのですが、
今回、耐えられるか心配です。

いってきます。

スポンサーリンク
おすすめの記事